お悔やみ用に贈る花

お悔やみ用として贈る花についてどのようなものがあるのでしょう。
相手方に手間がかからないアレンジメントなどがよいでしょう。
お供えの場合は、白や紫、ピンクが無難で、明るい色は避けてください。
お悔やみ用のお花の種類としては、供花・枕花・花輪があります。
故人が好んだ花なら贈っても構いません。
使用する花の例として、菊やユリ、ガーベラ、フリージアの白が一般的といわれています。

供花
お葬式で霊前に供える花で、祭壇の脇に飾られるものです。
祭壇の広さを事前に確認することが重要となります。

枕花
故人の枕元に飾るため、お通夜の前までに届ります。
枕花は祭壇に飾るか、出棺の際に棺に一緒に入れたり、そのまま自宅に飾られることもあります。

花輪
造花の花輪を取り付けたものです。
お葬式を行う場所の外に並べます。

初七日から四十九日
白やグリーンを入れることで、凛としたスタイルにします。

四十九日以降
ホワイトに明るめのお花を入れて贈ります。
故人が好きなお花を入れると、懐かしさで気持ちを癒す効果があります。

命日・初盆
季節に適した花を贈ることが重要です。
加えて優しい色合いを選び、視覚的な効果も出しましょう。

このようにフラワーギフトは祝いのときだけでなく、お悔やみなどにも扱われます。